2014年10月30日

質問終えて

10月22日一般質問のトップでした。第一会派はトップとトリをする順序が決まっています。一問一答形式が始まって初日は6人中4人が一問一答を選んだ。初めてのことで、流れ動きをも今までと違います、また時間は答弁入れて40分以内です。答弁の時間がわからないので質問が早口になったもともと早口なのでなおさら。まあ時間を上手く使えなかったことが悔やまれます。配分がむずかしいと思った。私は4分以上早く終えたし、最後の質問が途中になった議員。ただ傍聴された支援者には一問一答は分かりやすいと好評でした。
はじめの第一問は演壇で質問して、降壇して、新しく設置された質問台と横に着席用机がありますので移動する。第一問の答弁は質問席に着席したら、答弁者(市長)はこの質問の答弁を演題にて行います。以後質問は質問席、答弁者は自席にて行うものです。
1質問席で発言中
2「議長」と挙手する
3自席にて答弁する市長

出だし (原稿 抜粋)
「質問に先立ちまして、今定例月 議会から、本市 議会が取り組んでおります議会活性化の一環として、本会議における質問形式について、従来の総括形式に加え 一問一答方式でも行えることになりました。 その初めの質問者となりました、緊張感をもち質問をさせていただきますので、市長はじめ関係各位には、明快なご答弁を期待いたすものであります。」
「その質問の第1点は、市長の市政に対する思いについてであります。この度、山野市長におかれましては、任期を3カ月余り残して辞任をされ、このことによる市長選に再び立候補をされ、市民の圧倒的支持のもとに再選を果たされました。改めてお祝いを申し上げ、今後の金沢市政のトップとして、市民福祉の向上と 市勢の発展のためご尽力いただきますことを 心より祈念いたすものであります」
「そこで演壇での質問としてまずお伺い申し上げますが、この11月30日には、任期満了改選の市長選挙が行われます。  山野市長には、当然、市民の圧倒的支持のもとに再度 立候補をされると存じますが、あらためて、立候補の決意をお聞かせ下さい。また今後の4年間において 金沢のまちづくりや市民福祉向上のために 何を主眼にして 市政運営を進めていこうと考えているのですか、さきの提案説明でも述べられておりますが、改めて市政にかける思いとあわせて まずお伺いをいたしたいと存じます。」
 市長の答弁からは2期目への出馬表明、決意を示された。「市民の理解と支援を頂けるなら、今後とも市政のかじ取りをさせていただきたい」「新幹線時代にふさわしい魅力と活力あるまちをめざしたい」と述べた。
 
 傍聴者は後ろ姿を見ることになります。写真は事務局が執行部席の斜め後ろにカメラを設置して、写して下さいました。ちょっとはカメラ目線が欲しいと後から言われ、あぁ写して頂けること すっかり忘れていた。写真データーを頂き、緊張の面立ちばかり。良いことも有りました。翌朝の新聞には初導入の一問一答で私がばっちり主役の写真が掲載されていた。

 






  

Posted by 久保洋子 at 22:49

2014年10月20日

議会質問します

 市長選挙があり9月の議会が2日間で、再選後10月定例月議会が10月15日から28日まで開会。一般質問は22日、23日です。当初は3日間でしたが、質問者が少ないため1日短縮、24日は予備日となりました。選挙直後の議会でバタバタした中質問を考える余裕もないと言うのが本音かも。各会派1から2名です。自民党は3名は出したいが、14日議員総会で質問希望者確認したところ、誰もいない。これは、誰かがんばってやっていただかなくてば、私、政調会長として困ります。ということで、1期の喜多議員と私、そして補選で当選してきた坂本議員が質問することに決定。17日の発言締め切りまで3日間で考えまとめるなんて、そんな恐ろしいことしたことないから、すごくあせる。ほとんど寝てない3日間でした。

  皆様には、是非傍聴にお越しください。  下記のようにはがきでご案内を本日郵送します。
           
 前略 日頃から市議活動にご支援いただき感謝いたしています。市長選挙後10月15日に議会が開会しました。議会改革により今議会から一般質問は「一問一答」方式が始まり、私は「一問一答」で質問をします。皆様にはご多用中誠に恐縮ですが、お誘い合せ議会傍聴にお越し頂ければ幸いです。


 日 時 10月22日(水) 10時
   
 内 容 ・  市長の市政によせる思いについて
      ・  学校教育と地域との連携について
   ・ 母子健康保健・産前産後ケア事業について
   ・ 金沢健康づくりサポート店について

追記 一問一答は最初の質問を演壇で行い、質問後は質問台に行き待機席に着席答弁を聞く。以後質問席で質問、待機席で答弁を聞き、持ち時間は質問と答弁含め40分以内です。市議会初のこと、またトップ質問者となり、緊張するかと思いますが皆様の傍聴を励みにしっかり発言する所存です。 

なお事務所は黒川クリーニング店 (兼六元町3-64)の廃店に伴い12月から久保洋子事務所として借用いたします。                   
                                                             金沢市議会議員 久保 洋子
  

Posted by 久保洋子 at 01:57

2014年10月13日

加賀友禅大使

 10月13日 しいの木迎賓館にて ミス加賀友禅コンテスト と加賀友禅大使第一号の方々の認定式が開催されました。私も 加賀友禅小粋な倶楽部の会員になりまして、金沢港に入港する大型クルーズ船のウエルカムセレモニーなどに参加させていただき、加賀友禅の魅力や着物の魅力を忘れていたものが戻ってきたという感じでした。
 ミス加賀友禅の山川さんと榊さんは今日でお仕事が終わり、本日見事にミス加賀友禅に選ばれたお二人にたすきをゆずりました。



 また今日は 加賀友禅大使を認証しました。ミスとは違った加賀友禅の魅力を、発信していただく 30代から~80代の方で、加賀友禅小粋な倶楽部の会員さんから 過去の活動など鑑みて選ばれています。石川県から10名と外国代表、関西、関東、中部の方。また男性の部と15名の皆さまです。小粋な倶楽部でご存知の方々ですから、私までうれしく晴々しい思いをして発表式を見ていました。
 この企画は金沢市認定 加賀友禅プロモーションマネージャ―の鶴賀雄子先生の発案です。鶴賀さんは加賀染振興会認定の加賀友禅きものスタイリストでもあります。私、鶴賀さんは加賀友禅が一番お似合いの方と常々思っています。着こなすことは日々、和服を愛用してないと
様にならないことは皆さんご存じのとおりですよね。ずいぶん前のことですが参議院議員で参議院議長にまでなられた扇千影さんがいつも着物をお召しになって登壇していて、女性国会議員の着物姿はやはりめずらしいこともありましたがとてもお似合いだったこと鶴賀さんにダブり思い出しました。
 さて、大使の役割や条件は「加賀友禅を持っていること」「加賀友禅が好きであること」「健康で笑顔がステキな方」「ボランティアでの活動協力」「勉強会に参加すること「国内外にPRする」「イベントの参加、取材等に応じる」「着付け、ヘアーメイクが自分でできること」「イベント参加は県外、市内ともに自己負担になることの承知」というものです。
 本当に手弁当という言葉が適切ではないかもしれませんが、このボランティアでの活動で加賀友禅の魅力を発信していく心いきがすばらしいものです。だからこそ、なんとか行政の理解も頂きたいですね。
 男性の部は大樋年雄さんです。海外の方々との交流もあり外国語ができる強みで加賀友禅を海外にPRする機会も多いと思います。みなさんのご活躍を応援しています。


  

Posted by 久保洋子 at 23:41